関連サイト

パワーポイント専門テンプレートショップ

泣ける!!プレゼンテーション

パワーポイントの上手な使い方

プレゼン標準ハンドブック

パワーデザインが皆様に代わって パワーポイント資料(プレゼンテーション資料)を作成、制作します!!
  • 忙しくてパワーポイント資料(プレゼンテーション資料)を作成(制作)している時間がない!!
  • 重要なプレゼンテーションなので、デザインをカッコ良くしたい!!
  • とにかくプロに任せたい!!

photo

このように思った方は、弊社にお任せください。
忙しい皆様に代わってパワーポイント資料(プレゼンテーション資料)をパワーポイント専門のプロのデザイナーが作成(制作)いたします。
弊社では、これまで800本以上ものパワーポイント資料(プレゼンテーション資料)を作成(制作)してきた実績があります。

3つのポイント

  • パワーポイント作成、制作専門の デザイナーが資料を作成します。
  • アニメーションの設定は当然 として、ナレーション録音や BGMも登録します。
  • 打ち合わせを行い、お客様の ご要望をお聞きします。

過去の実績

多くの企業様のご要望として一番多いのは、「自分達でパワーポイントの資料は作成(制作)できる。しかし、忙しくてパワーポイントの資料を作成(制作)している時間がない。また、作成(制作)できたとしても、デザインが今ひとつなので、納得している訳ではない。そこで、専門のプロに作成をお願いしたい」というお声がほとんどです。

 

皆様も同じような悩みを抱えていらっしゃるのではないでしょうか?これまで、弊社がパワーポイント作成、制作のご依頼を承ってきた企業様を一部、ご紹介させていただきます。(敬称略)

  • 住友不動産株式会社
  • 住友不動産建物サービス株式会社
  • 伊藤忠商事株式会社
  • 松下電器産業株式会社
  • 日本電気株式会社
  • 株式会社NEC情報システムズ
  • 富士通研究所
  • KDDI株式会社
  • 株式会社明電舎
  • 株式会社 資生堂
  • 中外製薬株式会社
  • 財団法人運輸政策研究機構  など多数

 

弊社がこれまで作成してきたパワーポイント資料(プレゼンテーション資料)をいくつかご覧ください。

弊社は、ただ単純に「パワーポイントで資料を作成します」ということではございません!!

弊社では、パワーポイントを使って、「表現したい内容を如何に聞き手に分かりやすくデザインするか」という点に注力しています。

1.タイトル

パワーポイント作成、制作の実績1

2.タイトル

3.タイトル

パワーポイント作成、制作の実績3

完成イメージ

しかし、弊社が作成するパワーポイント資料(プレゼンテーション資料)の完成イメージが分かりづらいという皆様のために、完成サンプルをご提供しております。
完成サンプルをご希望の方は、[サンプルダウンロード]からお申し込みください。

書籍紹介

 

弊社の代表者:杉田は、「プレゼン標準ハンドブック」というプレゼンテーションの標準的な手順を8つのステップにまとめた書籍を技術評論社から出版しています。

 

書籍:プレゼン標準ハンドブック

 

プレゼンテーションというのは、たくさん出版されています。しかし、その多くは、「発表の仕方」を中心としたもの、あるいは、「パワーポイントの使い方」を中心としたものに分かれます。 しかし、プレゼンテーションに必要なスキルは以下の3つです。

  1. 自分の思いや考えを文書で表現するスキル(シナリオづくり)
  2. パワーポイントで資料を作成するスキル
  3. 人前で発表するスキル

この3つのスキルがすべて必要なのです。どれか1つが欠けたらうまくいかないのです。プレゼンテーション資料を作れるといってもパワーポイントでうまく表現できなくてはいけません。また、反対にパワーポイントを駆使しても発表の中身が論理的で説得力がなくてはいけません。

 

さらに、資料づくりがどんなに上手でも人前でうまく発表できなければ一生懸命作成した資料が意味を持ちません。そのため、3つのスキルがすべて必要なのです。 そこで、「プレゼン標準ハンドブック」は、プレゼンテーションに必要な3つのスキルを8つのステップで細かく解説した「業界初の本です!!」 3つのスキルと8つの手順の関係は、以下の表のようになります。

なに

あの有名な方からも高い評価

 

さらに、弊社の代表:杉田が作成したパワーポイント資料(プレゼンテーション資料)は、あの有名な、
 ・さおだけ屋はなぜ、潰れないのか?
 ・食い逃げされてもバイトは雇うな
の著者の「山田真哉」様から高い評価をいただきました!!

 

ここでご覧いただきたいのは、「表現したい内容を如何に聞き手に分かりやすくデザインしているか」という点です。

基本的に、パワーポイントで作成する資料は、聞き手に理解してもらうことを目的としているので、聞き手が見て、すぐに分かるようにデザインするべきものです。そのためには、いくつかのポイントがあります。そのポイントを詳しくご説明すると時間がかかりすぎてしまうので、割愛しますが、聞き手にとって分かりやすい資料であることを、「山田真哉」様からは高い評価をいただきました!!

山田真哉 」さんから高い評価をいただきました!!

山田真哉 」さんから高い評価をいただきました!!

 

メリット

さいごに、弊社にパワーポイント資料(プレゼンテーション資料)の作成をご依頼いただいた場合、3つのメリットがあります。

時間の有効活用

時間の有効活用

弊社にご依頼いただくことで、皆様がパワーポイント資料(プレゼンテーション資料)を作成する必要がなくなります。そのため、資料作成の時間が大きく削減できます。これは大きなメリットではないでしょうか? その空いた時間を利用して、営業の方なら営業活動に、技術の方なら研究・開発など、本来の業務に集中してください。その方がずっと効率的です。

デザインセンスのよい資料の入手

デザインセンスのよい資料の入手

パワーポイントで作成する資料は、図や配色などを多様するため、ビジュアルな表現力が要求されます。また、アニメーションやBGM、ナレーション登録など、他のソフトウェアには、負けない優れた機能があります。 弊社では、これらのビジュアル表現力やパワーポイントの機能を熟知したパワーポイント専門のデザイナーがパワーポイント資料(プレゼンテーション資料)を作成しますので、皆さんは、デザインセンスのよい資料を手に入れることができます。

資料の編集、流用が可能

資料の編集、流用が可能

弊社から納品させていただくパワーポイント資料(プレゼンテーション資料)は、パワーポイント形式(*.ppt)で納品させていただきます。そのため、弊社からの納品後、お客様自身の手で自由に編集していただくことが可能です。また、同じような内容のプレゼンテーションがあった場合、お客様自身の手で流用することが可能ですので、生産性も高まります。


このように弊社にご依頼いただく場合のメリットをご紹介させていただきました。プレゼンテーションの発表時間は、刻々と迫っており、待ってはくれません。資料作成はプロに任せて、皆様は、その空いた時間を有効に活用してください。パワーポイント資料(プレゼンテーション資料)の作成をご希望の方は、今すぐ、お申し込みください。

申し込む